建設業許可が必要ない請負金額は?

078-221-6615

土日祝対応!(8時〜22時まで)

お問い合わせはこちら

建設業許可が必要ない請負金額は?

日付:2016年11月17日
カテゴリ:建設業の基礎知識

建設業許可が必要ない工事とは?

 
team of young and senior engineering man project meeting in working office for project discussion
 
建設業許可が必要ない工事として挙げられるものは、1件の工事請負金額が500万円以下。また、建築工事一式であれば木造住宅以外で1件の工事請負金額が1500万円以下、木造住宅で延べ面積150平米以下となります。なお、この金額は消費税や地方税なども含めた金額であること、材料費なども含めた金額となります。
 
また、請負金額が500万円超えるからと工事を分割した場合であっても、これらの工事は1つとみなされるので注意が必要です。規定以外に許可が必要ない工事としては、その工事が利益など発生しないような自宅の造作物や駐車場などの工事である場合。ここが基準のラインとなるものですが、許可が必要と考えるべき点としては工事自体が利益を生むものであることとなります。
 

建設業許可、必要ない工事もあるのに取得を目指すのは何故?

利益を生むために工事を請け負うことを考えた場合には、建設業許可を申請した方が将来的にも非常に有利になります。まず、請け負う金額に500万円というような上限がないこと。また、いざ工事を請け負って利益を追求しようと思っても、見積りの段階で発注者が建設業許可を持っている業者側を指名する場合もあります。
 
また、下請けで工事を請け負う場合、金額が500万円以下の小さなものであっても元請けの意向で建設業許可を取得していることが条件ということも。このようなことは多々あることで、工事を発注する元請け会社は許可取得していることを工事をしっかり履行できる安心できる会社として、1つの指針にもしている場合が多いからです。
 

建設業許可申請は後回しでもいい?

また、建設業許可を取得したのち経営事項審査を受けて、公共工事の競争入札に参加することも可能。建設業許可は取得するために定められたラインをクリアすることが必要ですが、それによって公に「安心して工事を依頼できる業者である」ということを証明できるものでもあるのです。
 
そんな許可をいざ工事を請け負う際に取得しようと思っても、許可申請には最低でも1か月はかかるもの。しかもこの許可申請は非常に煩雑な手間と書類記入があり、場合によっては2か月かかる場合もあります。申請のためには手数料も9万円かかる上、行政書士に申請書類の作成を依頼すれば12万円程度がかかります。しかしそれによっての恩恵は非常に多いもの。将来を見据えて生業とするとしたなら、早めに計画立てて取得を考えるべきでしょう。


お問い合わせバナー